【レザークラフト作品】今流行りのアイコスのケースを作ってみました!作り方・ポケット部分の寸法紹介します!

みなさん、おはようございます、こんにちわ、こんばんわ!

cloverです。

レザークラフト作品】今流行りのアイコスのケースを作ってみました!】

今回は今だに品薄になっているアイコスのケースを作ってみました。

最近アイコスを譲っていただいたのでアイコスに変えてみたんですが意外としっかりとした吸いごたえがあっていいなと思いました。

なんでやっぱレザークラフトをやっているのでケース作ってみようと思って作ってみました。

ただ最初に言っておきます。これは失敗しました!笑

では完成したものをどうぞ。

f:id:clover185:20170919211108j:plain

 

この角度で見たら普通に出来てるなって感じなんですけど‥‥

横から見たら大変なことになってました。

f:id:clover185:20170919211750j:plain

メチャクチャ厚くなりました。

完全に設計ミスです。ポケットに入れて持ち歩こうと思っていたのですがポケットに入りません。

もうちょっとアイコス本体とヒートスティックをずらして付ければ良かったと後悔しました。

 

だけど内側はキレイに出来たので収穫はありました。

こちらが内側になります。

f:id:clover185:20170919212618j:plain

アイコス本体を入れるポケットとヒートスティックのポケットはしっかりと落ちないサイズで作ることが出来ました。

ポケットの寸法データは次に生かせることが出来るのでいい収穫でした。

 

一応こちらが寸法のデータになります。

まずアイコス本体のポケット部の寸法です。

角は左右とも正方形で25mm切ります。

f:id:clover185:20170919220230j:plain

続いてヒートスティックのポケット部です。

こちらも角を左右20mm切り出します。

f:id:clover185:20170919220256j:plain

今後アイコスケースを作る方の参考になればと思います。

(作る時の貼り付け方縫い方によってはサイズが変わる恐れがあるため気をつけてください)

 

では一応作り方を紹介していこうと思います。

作り方

まずポケット部分を切り出していきます。

f:id:clover185:20170919221145j:plain

切り出したらコバを磨いていきます。

一緒にステッチンググルーバーで溝をつけておきます。

f:id:clover185:20170920230655j:plain

終わりましたら縫う部分の0.5mm部分を折ります。

続いてアイコス本体のポケット部分は2mm、ヒートスティックのポケット部分を1.5mm折り込み形を付けます。

f:id:clover185:20170920231016j:plain

折り込んだら本体の革に接着剤で貼り付けます。

f:id:clover185:20170920231542j:plain

張り終わりましたら菱目打ちで穴をあけていきます。

f:id:clover185:20170920231632j:plain

穴をあけたら縫っていきましょう。

f:id:clover185:20170920232328j:plain

これで一応内側部分は完成です。

ここまでは普通によかったのにな‥‥笑

 

ここからは外側の革を縫い付けていきますがその前にボタンのメスを先に付けていきます。

あとここでオスのボタンを付けてもオッケーです。

f:id:clover185:20170920233033j:plain

ボタンを付けたらポケット部分と外側の革を接着剤で貼り付けて縫っていきます。

f:id:clover185:20170920233414j:plain

はい、縫いあがりました。

これでアイコスケースは完成になります。

f:id:clover185:20170920233649j:plain

f:id:clover185:20170919211108j:plain

今回の作ったアイコスケースの作り方紹介は以上になります。

まとめ

いやー普通に今回のアイコスケースは失敗しましたね。笑

思った以上に分厚過ぎてどう使おうか悩んでしまいます。でもせっかく作ったんでカバンを持ち歩いている時とかは使おうと思います。

けど意外とアイコス本体って落としたら一発でダメになりそうな素材なんでやっぱり保険と思って使います。笑

あと今回ポケット部分と外側の革を縫うとき練習と思って全部菱錐で穴をあけて縫ってみたんですけど難しいですね。

特に角をあける時とか指先を2回も切ってしまいました。

あと縫い目をキレイに一定に縫うのは相当難しいと感じました。自分はガタガタになってしまいました。もっともっとうまくなりたいと心から思いました。

 

拙い文章でしたが読んでいただきありがとうございました。