【レザークラフト道具編】 ステッチンググルーバーの役割・使い方の解説・紹介

みなさん、おはようございます、こんにちわ、こんばんわ!

cloverです!

ステッチンググルーバー

本日はステッチンググルーバーの紹介します。

こちらがステッチンググルーバーになります。

f:id:clover185:20170516233856j:plain

 

初めて見る人はどう使うかよく分からないと思います。

なぜかと言うと自分が全然分からなかったからです!笑

形が独特なので想像が難しかったんだと思いました。むしろこんな道具いるのかなとも思いました。

でも実際に作る時、定規で線を引いてから作ったのですが想像以上に線がガタガタになりました。

ガタガタな状態から修正しようとしても傷として残ってっしまい残念な作品になってしまいました。

なので今回クラフト社のステッチンググルーバーを購入しました。

ステッチンググルーバーはメーカーによって刃先の位置などが違うようです。

ステッチンググルーバーの役割

ステッチンググルーバーの役割は菱目打ちを打つ目印の線を革に引いていく道具になります。

刃先の幅を固定することが出来るので一定間隔で線を引くことができます。

また、ステッチンググルーバーは目印を引いていくと同時に溝を切っています。

これは糸を溝に収めるために切っています。糸を溝に収めることによって糸が摩耗して擦り切れることが無いようにしています。

結果、溝を切ることによって糸の寿命を延ばしています。

しかし、すべての革に対して使えるわけではありません。

説明書にも書いてあるのですが1.6mm以上の革に対しては使うことが出来るのですが1.6mm以下の革には浅く溝を切るかネジ捻かディバインダーを使ったほうがいいです。

ステッチンググルーバーの刃先は消耗品になっていますので切れ味が悪くなったら別売りの刃先を交換することも出来ます。

 

ステッチンググルーバーの使い方

まず、定規で線を引く幅を決め刃先を固定します。

一般的には約3mmくらいがベストとされています。

f:id:clover185:20170516233903j:plain

刃先を固定したらコバに沿って線を引いていきます。

なお、うまく溝を切るために少し角度を付けて切っていくとうまく溝が切れていきます。

f:id:clover185:20170516233912j:plain

コーナー部分も直線と同じように切っていきます。

f:id:clover185:20170516233920j:plain

こんな感じに菱目打ちを打つ場所すべて切っていきます。

f:id:clover185:20170516233927j:plain

注意点

・しっかりとコバに密着させて線を引いてください。意外と溝切れてるかなとか他の事を気にしていたら線が斜めってしますことがあります。

・力の入れ具合を一定にして線を引いてください。

以上がステッチンググルーバーの紹介になります。

ステッチンググルーバーは作品をキレイにするための大事な道具です。

なしでも十分作ることが出来るのですが、やっぱり真っ直ぐに菱目打ちで穴を開けて縫えていたほうが見栄えもいいのでぜひ使ってください。

今回はクラフト社のステッチンググルーバーを紹介しましたが機会があれば他社のステッチンググルーバーも紹介したいと思います。

 

拙い文章ですが読んでいただきありがとうございました。