読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【レザークラフト道具編】 菱目打ち 種類と用途の解説

みなさん、おはようございます、こんにちわ、こんばんわ!

cloverです!

 レザークラフト道具編 菱目打ち 種類と用途の解説

今回は道具編第1弾として菱目打ちを紹介したいと思います。

こちらが菱目打ちになります。

f:id:clover185:20170429173448j:plain

 

菱目打ちはレザークラフト専用の道具で革に穴をあける道具です。

革は硬いので針でそのまま縫うことができないのでハンマーで叩いてあけた穴に沿って縫っていきます。

写真のように少しずつ順番にあけていきます。

f:id:clover185:20170429173509j:plain

最終的には革に沿ってこんな感じに穴をあけます。

f:id:clover185:20170429173435j:plain

菱目打ちの歯数の違い

菱目打ちは何種類もありまして先端が6本歯や4本歯や3本歯、2本歯、1本歯など種類があります。

他にもピッチ間隔(先端の歯と歯の隙間)4mmや3mm、2mmなどあります。

まず先端の数のなんですが6本歯から1本歯となんでそんなに数が違うのと疑問に思うかもしれません。数が多い方が早くあけれる!と思うかもしれません。自分も絶対的に数多い方が早くあけれるし楽やんと思いました笑

ではなぜ数が違うのかと言うと、コーナーなど曲がった箇所をあけるのに4本歯だとキレイに丸みを帯びながらあけるのが難しいからです、そこで2本歯や1本歯の菱目打ちを使うと革に沿って穴を開けることが出来るからです。

f:id:clover185:20170429173500j:plain

また、6本歯など多いのは一度にたくさんの穴をあけることが出来ますがハンマーで叩く時4本に比べて大きな力が必要なためブレたりして真っすぐ穴をあけることができないこともあります。なので強く打ち付けることができる方や慣れている方は使う事によって作業効率がよくなります。

最初はまず4本歯と2本歯を買うことをオススメします

値段はだいたい1本1000円くらいなので必要に応じて買い足してもいいと思います。

他にもセット販売で4本入りとかも売ってますのでそちらもオススメです。

 菱目打ちのピッチの違い

次にピッチの違いですが5mmや4mm、3mmと種類があります。これは糸の太さや革の厚さによって使い分けるものです。太い糸や厚い革を使うときはピッチを大きくしてあげたり逆に細い糸をや薄い革を使うときはピッチを小さくしてあげるといいです。

f:id:clover185:20170429173431j:plain

特に決まりはありませんので自分の感覚でピッチは選んでも大丈夫です。

一応イメージとしては

小物はピッチの小さいものを使う

バンなどの大きいものはピッチの大きいものを使う

って感じで大丈夫です。

最初は4mmピッチの菱目打ちがオススメです。だいたい真ん中くらいなのでどんな作品にも合うと思います。

以上が菱目打ちの解説になります。

菱目打ちもいろいろ種類があるので自分が作りたい作品に合わせて選ぶといいですね。

自分もとりあえず4本歯と2本歯の4mmピッチを買いました。またおそらく買い足してしまうと思います笑

ありがとうございました。